さくらVPSのCentOS6をCentOS7へ再構築する(概要)

前回構築したのが2013年らしいので4年ぶりの再構築になりました。
ちゃんとした管理をしたいなーというのが再構築の理由になります。

再構築の要件は下記のようなものでした。

  • さくらのVPSで提供されているSiteGardLite(WAF)を利用したい
  • セキュリティー対策をもっとしっかりしたい
  • 運用管理をちゃんとしたい
  • VPN内からのみSSHとRedmineへアクセスができるようにしたい
  • メロン箱(Microserver)で動いているBitnamiRedmineをVPSへもっていってバックアップを自動化したい
  • Let’s Encryptを利用してHTTPS化したい

ってところでしょうか。

作業の流れは、

  1. さくらのVPSを試用する
  2. 試用したサーバで、環境を構築してみる
  3. 現Webコンテンツを、試用したサーバへ移行する
  4. 現環境を初期化する
  5. 現環境に2で設定した形で設定する
  6. 試用したサーバから現Webコンテンツを戻す。

という感じ。

導入したサービスは

  • Redmine
  • Dropbox
  • Softether VPN
  • Apache
  • ManiaDB

くらいかな?

監視とか脆弱性チェックは外部のサービスにお任せします。

監視:Mackerel(マカレル): 新世代のサーバ管理・監視ツール

脆弱性スキャン:Walti.io | サーバーサイドのセキュリティスキャンをもっと身近に。

監視は、Ping監視をさくらクラウドシンプル監視でも取ってます。